USCPA (米国公認会計士) による、個人確定申告書 (Form 1040) &FBAR作成、節税&二重課税回避コンサルティング、ペイロールスキームの構築等

ITIN (米国個人納税者番号)

  • HOME »
  • ITIN (米国個人納税者番号)

弊社では米国個人納税者番号 (ITIN: Individual Taxpayer Identification Number) の申請・更新書類作成を行っています。具体的には以下の手続きを合わせて行います(セットでの手続きとなります。単体でのサービス提供は行っておりません)。

  • Form W-7(ITIN申請書)作成
  • パスポート認証
  • その他証明書認証(該当時のみ)
  • その他証明書翻訳(該当時のみ)

ITIN申請・更新のタイミング

  • 原則
    • 確定申告時にITIN申請を行います。つまり、確定申告書にITIN申請書および認証済みパスポートコピーを添付の上、まとめてIRSに提出します。
  • 例外
    • 以下の場合に限り、確定申告時以外にITIN申請が可能です。これ等の場合、確定申告書提出が必要無い代わりに、ITINを必要とすることの証明となる書類が必要となります。つまり、ITIN申請書、認証済みパスポートコピー、そして証明書類の3点をIRSに提出する形になります。証明書類およびITIN申請方法は、以下それぞれのケースで異なります。
      • 米国に投資するパートナシップのパートナーとなる場合。
      • 米国ビジネスのために米国内に銀行口座を開設する場合(ビジネス以外の目的は不可)
      • 米国居住者が米国内に銀行口座を開設する場合
      • 米国から年金・アニュイティ・賃貸収入・ロイヤルティ・配当等の収入を得る場合
      • 米国非居住者が米国から給与・謝礼金等を得、かつ日米租税条約の適用を受ける場合
      • 米国非居住者が米国奨学金等を得る場合
      • 米国非居住者が米国にてギャンブル収入を得る場合
      • 米国住宅ローンを組む場合
      • 米国内不動産を売却する場合
    • ITIN更新時
      • ITIN更新の場合には、確定申告書提出あるいはITIN申請を要することの証明書類の提出は必要なく、ITIN申請書および認証済みパスポートコピーの提出のみで足ります。

 

 

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © SEKIYAMA U.S. TAX CONSULTING LLC All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.